【人材派遣とは】

【人材派遣とは】 イメージ

人材派遣とは、給料や社会保険に加入している会社(派遣元)と実際に働いて指揮命令を受ける会社(派遣先)が異なる特殊な雇用形態です。
正式名称は労働者派遣ですが、「労働者」という響きがブルーカラー層を連想させるという考えから近年では人材派遣という呼び方が広まっています。

 

派遣の種類には大きく2種類あり、常用型派遣と登録型派遣というものに分けられます。
常用型派遣とは、派遣元の会社と常に雇用契約が結ばれている状態で必要に応じて派遣契約をした会社に派遣される形態です。
製品やシステムの開発部門でよく活用されています。

 

登録型派遣とは、派遣元と派遣契約をした会社がある場合にその会社のニーズに合わせて派遣されて働く形態で、常に雇用契約が結ばれている状態では
ありません。
この不安定さが「派遣労働=悪」との印象に繋がっている要因となっています。

 

人材派遣はその特殊な雇用形態から、労働者を守る意味で様々な規制がかけられています。
例えば二重派遣の禁止です。
これは派遣された会社から更に別の会社に派遣されることを禁止したもので、中間マージンを必要以上に取られたり本来の職種と違った職種に回されたりといったことを防ぐ目的があります。
他にもグループ会社での派遣を一定割合以下に制限したり、事前に派遣先が派遣される人を選別できないように規制したりしています。

 

派遣の種類には、そのほかにも「紹介予定派遣」というものもあります。
これは、派遣期間(最長6か月)の終了後に、本人と派遣先企業双方の合意のもとで社員となる働き方です。
一定期間「派遣」で働くことで、実際の仕事内容や職場を見極めることができます。自分で探すことができなかった企業に出会え、就職活動にかかる労力や時間を節約できる点では、うれしい制度といってもいいのではないでしょうか。

 

人材派遣はもともと派遣先となる会社に都合のいいよう活用されてきました。
その結果、派遣される側にしわ寄せがきて批判も高まりましたが、最近では「やりたい職種に専念できる」「正社員では到底入れない大手で働ける」「しがらみなく辞めることができる」といったような考え方から自ら希望して派遣で働くケースも増えています。
「派遣」が「正社員」としての雇用より安定していないのは間違いありません。「派遣」のいいところ、「正社員」のいいところをしっかり検討して働くことが大切です。