【仕事のお金基礎知識~税金編~】

【仕事のお金基礎知識~税金編~】 イメージ

基本的に税金や保険関係は、会社に任せておけば安心でした。

しかし、転職する場合にのみ、書類等の提出が必要になるため、税金を避けては通れない道なのです。

 

そこで、転職に必要な税金の基礎知識を紹介します。

 

税金は住民税と所得税の2つがあります。

支払い方法や確定申告が必要な場合があるので、注意しましょう。

 

1.住民税

住民税は、退職時期によって、納税方法が異なります。

1.退職時期が6~12月の場合

前職での前年の所得に対して課される税金です。

退職した翌月から、翌年の5月までの支払いが未払いとして発生します。

この未払いの住民税を納める方法は、2つあります。

1つ目は、一括で支払う方法です。

前職での最終月に翌年5月までの住民税を一括で支払う方法です。

もう1つは、分割で支払う方法です。

最終月までは、会社で分割で支払います。退職後から5月までの残額は、郵便で届く納税通知書に従い、自身で支払う形になります。

税金の支払いが滞った場合、ペナルティとして、追加金が発生するので、納税通知書が届いたら、滞りなく支払いをする必要があります。

2.退職時期が1~5月の場合

前職での前々年の所得に対して課される税金です。

この場合、5月までの未払いの税金を一括で支払う形になります。

なお、6月1日付で再就職した場合、前職での住民税は転職先の給与から天引きになります。

そのほかの場合は、郵便で届く納税通知書に従い、自身で納税する形となります。

この場合も、税金の支払いが滞ると、ペナルティが発生するので、注意しましょう。

2.年金

年内の再就職した場合、年内に再就職しなかった場合に分けられます。

どちらの場合も前職の源泉徴収票を準備しておく必要があります。

1.年内に再就職した場合

再就職先で年末調整を行います。

2.年内に再就職しなかった場合

税務署で確定申告を行う必要があります。