【添え状の書き方】

【添え状の書き方】 イメージ

書類選考のために履歴書と職務経歴書を郵送する場合がありますが、その際に添え状を添付することがマナーとなっています。
添え状とは挨拶状とも呼ばれているもので、「こういう書類を送りましたので、宜しくお願いします」といった意味の文章を記載した書面のことです。

 

添え状は中身よりもまず同封されているかどうかがポイントとなります。
これはビジネスマナーの基本が身に付いているかを判断する材料の一つとされているからで、中には添え状が無い応募者はその時点で不合格と判定する会社もあるくらいです。

 

そのため書き方は特に難しいものではなく、定型の見本を真似ても何ら問題はありません。
そもそも添え状の文面までじっくり目を通す担当者は少ない方です。
ただし、ビジネス文書の基本は押さえておかなければなりません。
例えば宛名に書く会社名は(株)ではなく株式会社と正式名称で書きます。
また「拝啓」で始めて「敬具」で締める、冒頭には時候の挨拶を記入するといったことも必須です。
中身の文章は簡潔で構いませんが、それでも「せっかくなので何か印象に残ることを書いておきたい」と思うなら、自己PRや志望動機を書いておきましょう。
それも履歴書や職務経歴書と同じでは意味がないので、違った内容あるいはより詳しい内容で書くことが必要となります。

 

前述したように、添え状は必ずしも中身を読んでもらえるとは限りません。
本当に伝えたいことは履歴書や職務経歴書に記載するようにし、添え状にはあくまでプラスアルファ程度の内容にしておく方が無難です。