【転職先の見つけ方(ハローワークを利用する場合)】

【転職先の見つけ方(ハローワークを利用する場合)】 イメージ

ハローワークでは基本的に自分で求人を探すことになります。
検索用のパソコンに希望の条件を設定して検索し、より詳しい情報が知りたければ窓口で相談する流れとなっています。
この検索用パソコンの利用方法にはちょっとしたコツがあります。
まず、あれこれ条件を付け過ぎないことです。
画面上に希望の「就業場所」「職種」「時間帯」「給料」「休日」などいろいろ設定できるようになっていますが、必ずしもすべてに入力する必要はありません。
条件を付ければ付けるほど該当する求人自体が減ってしまいますので、せいぜい2つ程度の項目を入力して検索するようにして条件を徐々に絞り込んでみましょう。

 

また条件を設定する際にもちょっと幅を持たせて設定しておきましょう。
何故なら相手は機械なので厳密に選択します。
例えば希望給料20万円以上と設定すると19万9千円の求人はヒットしません。
その他の条件が希望通りなら千円くらい給料が低くても応募すると思いますが、機械は選んでくれないのです。
同じことが時間帯や勤務地、年齢にも言えます。
年齢は5歳程度低く設定して検索しましょう。

 

更にハローワークによっては担当者制を行っている所もあります。
いつも同じ担当者と相談できるようにしておけば、その人が条件に合った求人を選んでおいてくれることもありますし、あるいは経験から別の角度で適した求人を紹介してくれるケースもあります。
ただしこの場合でも任せっきりはいけません。
相談者が熱心に活動している姿勢を見せれば担当者もより親身になってくれるというものなので、その辺り上手に活用するようにしてみましょう。