【電話をかける時、受ける時のマナー(会社携帯編)】

【電話をかける時、受ける時のマナー(会社携帯編)】 イメージ

今やすべての社員が携帯電話を持っているといっても過言ではないい時代です。
便利な反面マナー違反と思われるケースもよく目にします。
注意すべきポイントを考えてみましょう

 


 

 

かける時のマナー

 

1.原則は会社に電話、いきなり携帯電話にかけない

建設業では営業社員や現場作業員など外出する従業員が多く、そういった人達と連絡を取るのに携帯電話は大変便利なツールです。
それでも原則はまず会社にかけます。
そのうえで「お急ぎなら携帯電話におかけください」と言われたり、相手から「次からは携帯電話に直接かけて」と了解を得た場合以外は、いきなり携帯電話にかけるのはマナー違反です。
携帯電話は自分の都合の良い時にいつでもかけられる便利はツールですが、その時が相手にとっても都合が良い時とは限りません。
会議や商談中に着信音が鳴って迷惑をかけないよう最大限の配慮を心掛けましょう。

 

2.要件は手短に

固定電話の場合と同様に、携帯電話でも要件を手短に伝えられるよう準備してからかけることが大切です。
無用な長電話になってバッテリーを消耗させないためにも、特に携帯電話の場合には手短に話す配慮が必要です。

 


 

 

受ける時のマナー

 

1.周囲に配慮して話す

例えば繁華街の中など騒音のある場所で受けた時は、できるだけ静かな場所に移動して話すことが必要です。
大切な内容が聞き取れなくては相手に対して失礼になってしまいます。
また第三者に聞かれてはいけない重要な内容を話すこともあるかもしれません。
発売前の商品に関すること、原価に関すること、他社(他者)に関すること等、情報漏洩に繋がりかねないこともつい大きな声で喋ってしまう恐れがあるのが携帯電話です。
細心の注意を払って応対しましょう。

 

2.できるだけ出る、出られない時は応答メッセージを設定しておく

連絡を要求しておきながら、いざかけたらいくらコールをしても繋がらないなんてこともよくありますが、これはかけた側にとっては非常に不愉快なことです。
会社の電話なら少なくとも誰かが応対してくれますが、携帯電話は持ち主が出ない限り無反応のままになってしまいます。
出られない場合も含めて自分が責任を持って応対しなければならないのが携帯電話なのです。