【人材派遣会社ってよくわからない① 派遣法改正前と改正後】

【人材派遣会社ってよくわからない① 派遣法改正前と改正後】 イメージ

人材派遣という言葉はよく耳にする機会があると思います。

 

人材派遣と一言で言っても、「一般労働者派遣事業」と「特定労働者派遣事業」の2区分がありました。

 

「ありました」と、なぜ過去形なのか?

 

2015年に労働者派遣法の改正があり、2018年9月までに「特定労働者派遣事業」が廃止されるからです。

 

廃止までの期間は経過措置として、一般労働者派遣事業に転換するのか、それとも廃止の方向に進めるのか経営者としては悩ましい時期です。

(一般労働者派遣事業は、特定労働者派遣事業に比べて事業を行うにあたっての要件がとても厳しいからです)

 

 

※2015年の改正により、許可番号(届出番号)の表記も変わっています。

 

 

改正前)2区分

一般労働者派遣事業 許可番号 〇〇-〇〇〇〇〇〇

特定労働者派遣事業 届出番号 〇〇-〇〇〇〇〇〇

 

 

改正後)統一

労働者派遣事業 許可番号 〇〇-〇〇〇〇〇〇

 

 

改正前の「般」と「特」は一般と特定の区分けをしていた表記でしたが、改正後は派遣の「派」に統一されました。

 

皆さんはあまり気にしたことがなかったと思います。

 

 

派遣会社の担当者から名刺に記載されていたり、面談に行った時「労働者派遣事業許可証」が見えるところにありますので見てみるといいでしょう。

 

 

次回は、9月11日(月) 9:00

【人材派遣会社ってよくわからない② 選び方から登録後の流れについて】を公開します。