【退職後の社会保険はどうなる?手続きはどうする?】

【退職後の社会保険はどうなる?手続きはどうする?】 イメージ

会社で健康保険や厚生年金などの社会保険に加入していた人は、退職後に国民健康保険や国民年金に切り替えの手続きをしなければなりません。
入社時には会社の総務部門がすべてやってくれましたが、退職後はすべて自分でやらないといけません。何をどうすればいいのでしょうか?

 

まず健康保険には3つの選択肢があります。
1.会社で加入していた健康保険を継続する
2.国民健康保険に切り替える
3.家族の扶養に入る

 


 

1.会社で加入していた健康保険を継続する

これは任意継続保険と言って、退職前の会社で継続して2ヶ月以上健康保険に加入していれば最長2年間その保険を使える制度です。
任意継続保険を利用するには退職日から20日以内に社会保険事務所に出向いて手続きをする必要があります。
保険料は会社負担分が無くなるので在職時の2倍となります。

 


 

2.国民健康保険に切り替える

この選択肢は広く知られていると思いますが、自分が住んでいる地域の役所に出向いて国民健康保険への加入申請を行います。
この場合の注意点は家族が4人、5人と多い場合は保険料負担が大きくなる可能性があることです。
会社都合での退職なら減免制度がありますが、そうでなければ任意継続保険を利用した時とどちらが保険料が安いかシュミレーションしてから判断した方がいいでしょう。
時間がない場合は、とりあえず任意継続保険にしてあとから国民健康保険に変えるということもできます(逆はできないので要注意)。

 


 

3.家族の扶養に入る

3つ目の選択肢は社会保険に加入している家族がいればその扶養に入るという方法です。
これだと保険料負担はなくて済みますが、失業手当をもらう場合は日額が3,612円以上だと扶養扱いにはならないので確認が必要です。

 



 

さらに年金も2つの選択肢から判断して手続きをしなければなりません。
1.国民年金に切り替える
2.配偶者が加入している厚生年金の3号被保険者になる

 


 

1.国民年金に切り替える

これも住んでいる地域の役所に出向いて手続きをすることになります。
保険料は月額約1万6千円ほどですが、失業して収入がないと認められれば一定期間保険料の一部もしくは全部が免除されます。
ただしこの場合は本人の収入だけでなく配偶者や世帯主の収入と合わせて判断されます。

 


 

2.配偶者が加入している厚生年金の3号被保険者になる

もう1つは配偶者が厚生年金に加入していれば3号被保険者になることができます。
ただしこれも健康保険の扶養家族と同様に、失業手当が日額3,612円以上だと該当しませんので要注意です。