【面接前の情報収集(FacebookやTwitterなどをチェック)】

【面接前の情報収集(FacebookやTwitterなどをチェック)】 イメージ

面接に臨む前はどんな質問や話題にも対応できるよう入念な準備が必要となります。
特に面接を受ける会社の情報はできる限り収集しておいた方がよいでしょう。
ホームページがある会社なら必ず確認し、経営理念や最新情報、新商品等の知識を入れておくようにしましょう。
よく「何か質問はありますか?」と問われて、ホームページを見れば分かるような内容を質問してしまう人がいますが、その辺は要注意です。

 

また最近ではブログやFacebook、Twitterといったツールで情報発信を行っている会社も増えています。
こうしたツールでは、ホームページよりも親近感を持ってもらおうと社長や従業員の生の声を発信したり、商品をより詳しく紹介したりしているので、リアルな情報が得られる可能性もあります。
ある人は面接の前日に社長のTwitterを見て「短気な私は・・」と書かれてあったことから、余計なことは極力喋らず端的に答えることを意識した結果、採用となったという事例もあります。

 

建設会社のFacebookではよく施工現場の写真を載せていることもありますが、これも重要な情報です。
なぜその仕上げ方にしたのか、なぜその収まりにしたのか、というように質問事項がいろいろ出せるのでより詳しく会社の姿勢を聞き出すことが可能になります。

 

FacebookやTwitterを活用している会社は、広く自社のことを知ってもらいたいという想いがあるので面接時に「当社がFacebookをやっているのはご存知ですか?」と聞かれることもあります。
こまめにチェックしておくことをお勧めします。