建築士の仕事を知ろう!

建築士の仕事を知ろう! イメージ

建築士は建物を建てる過程の一部である「設計」の資格です。
建築士の上級資格である一級建築士は、建築の世界で最高峰の資格と言っても良いでしょう。

 
 
1.建築士の仕事とは
 

公共工事や民間工事、住宅問わず、建物を建てるときは「設計」という仕事は必要です。
その建物を建てる建主(建築主)の希望に沿って、建設を予定する土地のなかに建物の構図を描いていきます。建築士の仕事である設計は、大きく以下の3つに分かれます。
 

(1)意匠設計
 
 意匠(デザイン)の設計です。契約前の物件は、この意匠設計をもとに交渉します。俗に言う「設計」はこの意匠設計を示す場合も多くあります。
 

(2)構造設計
 
どれだけデザインが優れていても、地震や風、荷重によって倒壊の可能性が高ければ安心できません。
構造上の耐力を有するよう計算し、行う設計を「構造設計」といいます。
通常は意匠設計の次段階として構造設計を行いますが、大型のビルなど大規模建造物は構造設計が優先するケースもあります。
 

(3)設備設計
 
電機配線や水道管から繋がる物件内の設備箇所は、自由に決められるものばかりではありません。
意匠設計を前提とし、設備の配置を決めるのが「設備設計」です。
 

以上3つの設計を行うことが、建築士の仕事です。
構造計算や設備設計は、物件着工(工事開始)後に取り組む場合も多いため、建築の請負契約をもって担当建築士の仕事が終わるわけではありません。
建物を建てる間に行われる現場会議などにも、建築士は同席することが珍しくありません。
 

建築士は、設計できる物件の規模により、資格が3種類に区分されています。

 
 
2.一級建築士
 

学校・病院・映画館など、延べ面積が500㎡を超えるもの。
また、建築物の高さが13m、軒の高さが9mを超えるもの。
そのほか延べ面積が1,000mを超え、かつ階数が2階以上のものを設計することができます。

 
 
3.二級建築士
 

一級建築士に対し、延べ面積が500㎡未満のもの。
建物の高さが13m以内、軒の高さが9m以内のものを設計することができます。

 
 
4.木造建築士
 

延べ面積が300㎡かつ2階以下の木造建築物を設計することができます。

 
 
5.建築士試験について
 

一級、二級、木造のいずれも建築士は国家資格の合格を持って資格が付与されます。
試験は「学科の試験」および「設計製図の試験」から構成されています。
 

建築士試験は、大学の建築関係学部と密接な繋がりがあります。
建築関係学部を卒業していない場合、二級建築士を受験するまで7年以上、二級建築士となって4年以上の実務経験を経てはじめて1級建築士の受験経験が得られます。
そのため、建築士を志す人は大学などの「建築関係学部」を卒業し、建築士試験を受けることが一般的です。
最短、一級建築士試験を6年で受けることができます。

 
 
6.有名な建築士になると?
 

建築士は昔から人々の憧れの資格であり、街のシンボルには「設計したのはこの建築士」というように歴史にも長く名前が残ります。
記憶に新しいのは2020年の東京オリンピック開催に向けての「新国立競技場」のデザインを巡る設計。
ようやく設計案が固まり、建築に向けて動き出すことになります。完成が楽しみですね。
赤煉瓦の東京駅や、東京都庁も日本を代表する建築士が担い、今や「東京」のシンボルになっています。

 
 
7.まとめ
 

お伝えしたように建築士は、建築の世界を代表する国家資格です。
以前、建築士が不正に手を染め大きな問題になったことがありました。
建築士の誤りにより建てられた建造物は、そこに生活する人々の安全さえも脅かしてしまう危険性を含んでいます。
そういった社会的責任を自覚しながら今後も素晴らしい建物が設計され、お披露目されることを楽しみにしています。